【兎田ぺこら】食事会を控える本当の理由とは? 回答にファンから称賛の声が

人気バーチャルYouTuberの兎田ぺこらが、同じ事務所に所属する3期生メンバーと頻繁にご飯に行かない理由が、人見知りの性格にあるわけではないことが明らかになりました。

ぺこら自身が語る理由には、仕事とプライベートのバランス、自身のコミュニケーションスタイルへの深い理解と配慮が反映されています。

疾風のぺこら、配信業と仕事の境界

ぺこらは、COVER本社での仕事を終えたあと疾走のごとく帰宅することで有名でぺこらは自分を人見知りだと話しておりリスナーたちも「人見知りだから3期生との食事行かないのだろうな」と思っていましたが、ぺこらから理由を聞いて称賛の声が上がりました。それは自宅での配信活動を非常に優先しているためです。

ぺこらは配信を仕事ではなく楽しんでやるプライベートの時間と捉えており、視聴者との交流を大切にしています。

この姿勢は、最近だと「モンハン」を楽しむ姿や、配信外の時間でも仕事と配信の管理を徹底していることからもうかがえます。

本当は集団が嫌いだからでは?

しかし、ここまで話を聞いてもhololiveの最も大きなイベントであったhololive EXPOでは大人数がいる控室でぺこら一人で過ごしていたと言われているほど集団で過ごしているイメージが無いです。

本当は集団が嫌いだから仲の良い3期生ともご飯行かないのでは?という疑問がありますが、とある配信の中で「昼にご飯誘われたらどうするの?」というコメントに対して「昼から夕方にかけてだったら全然行く!」と意外なコメントを残しました。

さらに「やっぱ夜は配信やりたいから行かないわ」と自身のやりたい配信を優先している様子が伺えました。

ぺこらの社会性とプライベートのバランス

ぺこらの社会性は、全く無いというわけではなく配信の中ではコラボ配信を頻繁に行っています。

しかし、コラボ配信後に一人配信を行うこともあるため、他のホロメンとの関係を大切にしつつも、自分がやりたい配信もやっているという上手いバランスを取っていると思います

この回答に対するファンからのコメント

今回の発言に対して多くのファンから様々な声が上がりました。

「ご飯誘われたから配信休むんじゃなく、配信あるからご飯断るのがぺこーららしい」
といった配信を生活の中心に置くぺこらの姿勢に共感する声や、

「自分の場合はだけど、基本的に興味が自分の内面世界に向いてるから、人といる時は常に自分の外側の世界に意識を向け続ける必要があるのが苦痛なんだろうなって思ってる」
というように内向的な性格の人々がぺこらさんの行動に共感をする声


「人も会うと体力というか精神力使ってすっからかんになるんだろな」という他人との交流が精神力の消耗につながると感じる人々からの共感もあります。

まとめ

兎田ぺこらさんが3期生との食事会を控える理由は、彼女なりの対人関係の取り方や、配信活動への熱い情熱に基づいています。このような性格や行動に、ファンからは理解と共感の声が寄せられており、ぺこらさんの選択を尊重し、これからもその独特な魅力と活躍を見守っていきたいと感じました。

引用元配信

こんな記事も読まれています

8 COMMENTS

匿名

ここのコメント見て冷めチキが本人にネタに昇華されちゃったの効いてるんだなって失笑しちゃったよ
そもそも理由はすぐに明らかにされてたし一部界隈でそのネタが取り沙汰されてる理由も未だによくわからないけど

返信する
匿名

それが嘘か真かは本人にしかわからないけど、少なくても私は会社に行った後にコメントと会話しながら何かしらのゲームを長時間プレイする事は出来ない。
それもほぼ毎日。
若い頃は徹夜ゲーム出来たけど30過ぎてから徹夜ゲームは体と目が辛くなった。

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!