hololive × VALORANT大会 紫咲シオンリーダーのラッシュパトラッシュチームが勝利した!盛り上がりシーンを解説

女性VTuberグループ“ホロライブ”において、VALORANTの試合が8月4日に開催された。その最終結果が発表されました。

イベント名hololive × VALORANT MEET UP
ゲームタイトルVALORANT (ヴァロラント)
開催日時練習配信 2023年8月1日 (火)19:00開催予定
MEET UP配信 2023年8月3日(木)19:00開催予定
主催HLZNTL
実況谷藤博美
解説KOHAL(ZETA DIVISION)
MC白上フブキ、獅白ぼたん
参加者【チームA】
 百鬼あやめ、癒月ちょこ、常闇トワ、桃鈴ねね、ラプラス・ダークネス
【チームB】
 ロボ子さん、夏色まつり、夜空メル、紫咲シオン、風真いろは
イベント形式・ウォーミングアップ:チームデスマッチ 2戦
使用MAP:ピアッツァ、ディストリクト
・VALORANT体験:カスタムマッチ BO3
13ラウンド先取(オーバータイムあり)
タイムアウト無し
使用MAP:バインド、パール ヘイヴン

本大会は『VALORANT』を使用した大会。はじめにチームデスマッチと呼ばれるエイム練習に使われるゲームモードにてウォーミングアップを行い、VALORANTのノーマルゲームモードでのカスタムマッチをBO3(3試合中2勝した方の勝利)で行った。

最終結果はロボ子さん、夏色まつり、夜空メル、紫咲シオン、風真いろはのチームである「ラッシュパトラッシュチーム」が勝利しました。

しかし試合はとても拮抗し、最後までどちらのチームが勝つか分からなく、手に汗握る試合が続いているのが印象。

試合の内容もエンジョイ大会というのは一切感じさせないくらい、プロが使う戦法を駆使して有利を取ったりしてホロライブメンバーらの本気度が見えつつ、チーム内ボイスチャットは和気あいあいとしており楽しく試合をやっているのが感じられました。

試合のハイライト集

中でも盛り上がりを見せたシーンを動画を用いて紹介していきたい。

紫咲シオン

ロボ子さん

百鬼あやめ

他にも、紫咲シオンが安い武器を使っているのにエース(全員敵を倒すこと)をしたり、常闇トワがプロも使う索敵方法を実践したりレベルの高い場面が多かった。

今回のイベントを得て

valorantはe-スポーツとしても有名なゲームでチームで連携しなければ勝つことは難しいです。

お互いのチームの中には経験者もいれば全くやったことない人もいる中だったので、練習期間はチーム内での連携やメンタル的な部分でうまくいかず感情が溢れてしまう瞬間もありました。

しかし本番ではその悩みが嘘だったかのようなチームの一体感や連携を見せ盛り上がりました。

そもそも、今回のイベントは3つの目的があったかのように思えます。
「ホロライブメンバーが頑張っている姿を応援し、推進し、見守ること」
「ゲーム実況配信を観るハードルの高さを解消」
「ゲームコミュニティで活躍する全ての方が安心して活動できる環境を目指す」です。

個人的にはすべての項目において目的達成したイベントになったのではないかと感じています。

ホロメンの反応

コメントはお気軽にどうぞ!

CAPTCHA